行政書士・海事代理士安江聖也事務所

海事代理士は神奈川県、藤沢市の行政書士・海事代理士安江聖也事務所 |海技免状・小型船舶操縦免許更新

お問い合わせはこちら

神奈川県藤沢市羽鳥3丁目1-36羽鳥シェモア202号室
[営業時間] 月曜日~水曜日・金曜日:10:00 ~ 18:00 / 土曜日:10:00 ~ 16:00
[定休日] 木曜日・日曜日

海技免状・小型船舶操縦免許更新

海技免状・小型船舶操縦免許の申請と更新手続きについて知ろう

海で働くためには必要な海技免状や小型船舶操縦免許は、有効期限が切れたり、新たに取得したりすることがあります。手続き方法は複雑に思えますが、実は簡単に行うことができます。ここで申請・更新手続きについて解説していきますので、ご自身の免許の有効期限が迫っている方は、ぜひ参考にしてください。もちろん、当事務所では、トータルでお引き受けしております。

海技免状と小型船舶操縦免許の違い

海事代理士として海事業務に関する法律相談や手続きを行っていると、海技免状や小型船舶操縦免許についての相談をよく受けます。海技免状と小型船舶操縦免許は、どちらも船舶の操縦資格ですが、その対象や取得に必要な条件が異なります。 海技免状は、商船等の大型船舶を操縦するための資格であり、海技士を目指す方が取得するものです。一方、小型船舶操縦免許は、船舶の総トン数20トン未満の小型船舶を操縦するための資格であり、レジャーボートや漁船などを運転する方が取得するものです。 また、海技免状の取得には、複数の科目試験や実地試験が必要であり、かなり高度な知識や技能が求められます。一方、小型船舶操縦免許の取得には、教習所での講習や試験が必要であり、比較的低いハードルで取得することができます。 いずれの免許も、安全かつ合法的な船舶の操縦に必要な資格であり、取得にはしっかりとした知識・技能の習得が必要です。当事務所では、お客様の目的に合わせた的確なアドバイスや手続きを行っています。以下、当事務所で主に取り扱う海技免状・小型船舶操縦免許の更新について、要件・必要書類等をご説明します。

更新に必要な要件(海技免状)

以下、出展関東運輸局ホームページ

①乗船履歴(次により証明できる方)
  次のⅠ、Ⅱいずれかを満たすこと
   Ⅰ.20G/T以上の船舶での職員履歴が有効期間満了日以前5年間で1年以上
   Ⅱ.20G/T以上の船舶での職員履歴が更新申請日以前6ヶ月以内で3ヶ月以上
 ◎乗船履歴の証明方法(所定の乗船履歴証明書に記載)
  ・船員手帳に履歴が記載されている場合・・・船員手帳、乗船履歴表(更新)
  ・一括公認の場合・・・船員手帳、一括公認の乗船履歴証明書、一括公認許可証(写し)
   ・外国籍の船舶に乗船した場合・・・外船証明(領事館印の押印がない場合、
    船名・船長名の確認できる派遣認定申請書(写し)を添付すること)

  ・海事系公務員の場合・・・所属の官署が発行する乗船履歴
 ②更新講習(乗船履歴が無い方、証明ができない方)
  下記指定講習機関において更新講習[講義2時間程度]の受講が必要となります。
   なお、上記7、の身体検査は受講前に指定医師受診が必要です。
 ③同等業務経験による認定
   ・部員の乗船履歴で2年以上
  ・※海技士(電子通信)資格受有者の配乗が義務づけられている船舶に乗り組んだ航海

  士等が、海技士(電子通信)の資格を受有している場合、航海士等の乗船履歴の証明

  書類に下記の書類を添付することで、海技士(電子通信)更新のための乗船履歴とし

  てみなすことが可能です。 

更新に必要な要件(小型船舶操縦免許)

1.身体検査基準を満たしていること
 ○ 更新講習機関の身体検査員又は医師による身体検査を受検します。
2.更新講習機関での講習を修了していること

  海事系公務員は、所属の官署が発行する1ヵ月以上の乗船履歴で代えることができま

 す。

必要書類等(海技免状)

  1 .*海技免状更新申請書(第6号様式)
  2 .*手数料納付書(第26号様式)・・・・手数料1,700円(収入印紙)
  3 .*写真票(第9号様式)
  4 .写真・・・・無帽、無背景、申請日前6ヶ月以内に撮影、3cm×2.4cm 

   1枚(7.海技士身体検査証明書の写真とは別に)
  5 .海技免状・・・・紛失をした場合、滅失顛末書の提出並びに運転免許証等の本人

   確認書類の提示が必要です。
  6 .更新要件を満たす書類 (※上記☆更新要件 参照)
  7 .*海技士身体検査証明書(第7号様式)・・・・指定医師の発行した申請日3ヶ

   月以内のもの、3cm×2.4cmの写真を貼付し下記の身体検査基準を満たすこ

   と。

   小型免許を同時更新する場合、小型の身体検査証明書は不要です。
 (8).無線従事者免許証の写し・・・・国際航海に従事する航海士であって、海技免

   状の無線資格についての英文表記(乗船時無線資格を所持しなければならない)

   旨の記載を削除する場合
 (9).船舶局無線従事者証明書・・・・通信、電子通信の海技免状受有者に限る。

必要書類等(小型船舶操縦免許)

1.操縦免許証更新申請書(第22号様式 見本 )
 ○ 写真を貼り付けたもの
 ○ 申請書用紙は、即日発行を行っている運輸局等の受付窓口で無料で配布しているほ

  か、関東運輸局公式サイトからダウンロードもできます。

2.写真(1枚) ※上記1.の申請書に貼付するもの
 ○ サイズは、縦45mm×横35mm(パスポート用サイズ)
 ○ 申請日前6ヶ月以内に撮影した顔正面、無帽、無背景のもの
3.小型船舶操縦士身体検査証明書(第23号様式)
 ○ 申請日前3ヶ月以内に更新講習機関又は医師が発行したもの
4.更新講習修了証明書
 ○ 申請日前3ヶ月以内に更新講習機関が発行したもの

5.小型船舶操縦免許証
 ○ 新しい操縦免許証と引き替えになります。
 ○ 紛失等により提出できない場合は滅失てん末書が必要となります。

6.納付書(第26号様式)
 ○ 収入印紙1,350円分を貼り付けて下さい。

海事代理士への依頼

 このように列挙すると、なにやら大変そうです、ご相談いただければ分かりやすくご説明いたします。

 特に海事系公務員(海上保安官、海上自衛官)のお客さまには、特別料金でご奉仕いたしますので、ご相談お待ちしております。

 運輸局等から遠距離の勤務場所におられる海事系公務員の方には、時間と交通費の節約となるので、是非ご検討ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。