行政書士・海事代理士安江聖也事務所

車庫証明の受け取り方|行政書士が解説する手続きのポイント

お問い合わせはこちら

神奈川県藤沢市羽鳥3丁目1-36羽鳥シェモア202号室
[営業時間] 月曜日~水曜日・金曜日:10:00 ~ 18:00 / 土曜日:10:00 ~ 16:00
[定休日] 木曜日・日曜日

車庫証明の受け取り方|行政書士が解説する手続きのポイント

車庫証明の受け取り方|行政書士が解説する手続きのポイント

2024/06/11

車を所有している人が、地方自治体に車庫があることを証明する手続き、車庫証明。今回は、車庫証明の受け取り方について、行政書士が解説します。手続きのポイントを抑え、スムーズな手続きのための注意点を紹介します。

目次

    車庫証明とは何か

    車庫証明とは、登録自動車の保管場所証明申請のことで、白ナンバーの登録自動車の保管場所が確保されている事実を、登録時に確認するための証明書をいいます。具体的には、所有する自家用車を所有する際にその車を保管する車庫があることを証明する書類になります。この書類は、法律上必要な証明書の一つとされ、白ナンバーの自家用車を所有する場合には欠かせない書類となります。一般的には、所有する車庫がある建物の所有者が車庫証明を申請することが多いですが、借用する車庫について申請する場合もあります。

    車庫証明の申請手続き

    車を所有している方が、車庫証明を申請する場合、行政書士に依頼することが一般的です。車庫証明の申請手続きは、警察署にて行われますが、書類の提出や手続きの流れが少々複雑であり、行政書士の知識や経験がを利用すると便利です。行政書士は、車庫証明申請に必要な書類や手続きを代行し、スムーズに申請手続きが進められるようサポートします。また、申請手続きに必要な費用や、期限などの詳細についても説明し、安心して手続きが進められるようにします。車庫証明は、車を公道に出す際に必要な書類の一つであり、しっかりと申請手続きを行うことが大切です。このほか、現在では条件を満たせば、電子申請も可能となっています。

    車庫証明の受け取り方法

    車庫証明は、自動車を持っている人々が警察署に提出し、その申請した場所(保管場所)で車を駐車するために必要な証明書です。車庫証明は、所有者が居住する場所で取得することができますが、取得方法は一般的に申請当日には受け取れず、3,4日後に警察署で取得することができます。自動車を購入する際に、早めに手続きを行っておくことがおすすめです。

    受け取った車庫証明の保存方法

    車庫証明は、車を持っている方にとって非常に重要な書類の1つです。車を売却する際や自動車税を納める際には必要不可欠です。そのため、受け取った車庫証明を適切に保存することが大切です。行政書士は、車庫証明の取得や手続きに精通していますが、保存にも注意しています。 保存方法としては、まずは電子データ化することをおすすめします。スキャンしたものはパソコンやクラウドサービスに保存しておくことで、物理的な紙の保存場所の問題を解決することができます。また、必要に応じて保管期間が過ぎたものは、シュレッダーや焼却炉で処分することも可能です。 また、物理的な紙の場合は、火災や水害に備えて防災対策を行うことが重要です。耐水性や耐火性に優れたファイルやボックスに保管し、定期的な点検を行うことが必要です。 以上のように、適切な保存方法をとることで、車庫証明の取り扱いに気を配り、安心して車を所有することができます。行政書士に相談して、適切な保存方法を確認することをおすすめします。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。