行政書士・海事代理士安江聖也事務所

遺言・相続手続きのポイント!ライフプランニングから考える相続対策

お問い合わせはこちら

神奈川県藤沢市羽鳥3丁目1-36羽鳥シェモア202号室
[営業時間] 月曜日~水曜日・金曜日:10:00 ~ 18:00 / 土曜日:10:00 ~ 16:00
[定休日] 木曜日・日曜日

遺言・相続手続きのポイント!ライフプランニングから考える相続対策

遺言・相続手続きのポイント!ライフプランニングから考える相続対策

2024/06/21

遺言や相続手続きは、生前にしっかり考えておくことが大切です。しかし、どのように準備すればよいのか分からないという方も多いでしょう。そこで、本記事では、ライフプランニングの観点から、遺言や相続について考えていくポイントを解説していきます。遺族や相続人に悩みや負担を与えず、円満な相続を叶えるために、ぜひ参考にしてみてください。

目次

    ライフプランニングと相続対策

    ライフプランニングと相続対策は、今や必須の経済的知識となっています。私たちの生涯で何度もお金に悩むことがあります。結婚や子育て、住宅購入、老後の備えなど、多くのライフイベントにおいて資金計画が必要不可欠です。また、相続対策も大切です。相続には、遺産分割や税金対策が含まれます。税金対策が行われなければ、意図しない遺産税の負担が生じることもあります。それぞれのライフイベントに応じて、投資スタイルやリスク許容度も変わってきます。ファイナンシャルプランナーは、クライアントの状況に合わせて最適なプランを提案し、資産運用や相続対策のサポートを行います。これからのライフプランを考えるうえで、資産運用や相続対策の専門家と相談することをおすすめします。

    遺言の内容と手続きの流れ

    遺言は、死後に財産や遺産分割に関する指示をするものです。遺言には法律上の要件があり、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。手続きの流れとしては、自分で作成する場合は自筆証書遺言となります。その場合、自分の手書きした文書に日付と簽名する必要があります。公正証書遺言は、公証役場で公証人に作成してもらう必要があります。秘密証書遺言は、家庭裁判所の指定する金庫に保管してもらうことになります。遺言の内容は自由ですが、婚姻中の配偶者や子供が相続人として法律上優先されているため、その点を考慮する必要があります。また、遺言は複雑な内容である場合はファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することが望ましいです。遺言は、亡くなる前にしっかりと作成しておけば、遺産分割に関するトラブルを未然に防ぐことができます。

    相続人、相続財産の確認と税金対策

    相続には、相続人や相続財産が重要な要素となります。まずは相続人を確認し、その後相続財産を把握することが大切です。相続税対策では、相続税法に基づいて節税を行う方法があります。具体的な方法としては、相続財産の評価額を低くする方法や、非課税枠の活用などが挙げられます。しかし、相続税対策は複雑であり、正しい知識を持った税理士のアドバイスが必要となります。また、行政書士、司法書士、弁護士は遺言書の作成や相続手続きのサポートも行っています。相続に関するトラブルを避けるためにも、早めに専門家に相談することをおすすめします。

    相続・贈与税の計算と節税方法

    相続・贈与税の計算は、特に高額な資産がある場合にはかなりの負担がかかります。しかし、節税の方法をうまく活用することで、税負担を軽減することができます。 例えば、相続税に関しては、贈与や遺贈による対策があります。また、相続時には住宅の評価額によって大きな差が生じるため、地価や更新時期について事前に調査しておくことも重要です。 贈与税に関しては、法定相続人である配偶者や子どもに対して、年間限度額内で予め贈与する方法もあります。また、不動産に関しては、贈与を利用して任意売却益控除の対象とすることで、節税効果を得ることもできます。 ファイナンシャルプランナーは、相続・贈与税対策を得意とする専門家です。税金だけでなく、遺言や相続に関する問題も含め、資産承継計画を立てることで、家族の負担を軽減し、円満な相続を実現することができます。

    家族信託を活用した相続対策

    相続税が高くなっている現代において、家族信託を活用した相続対策は有効です。 家族信託とは、信託契約によって持ち主が家族の財産を信託財産として託すことで、相続税の負担を軽減する方法です。家族信託を活用することで、相続税の対象となる財産を減らすことができます。また、家族信託を設立することで、相続に際して家族の意見対立を防止することもできます。 ただし、家族信託を設立する場合には、信託契約書を作成する必要があります。適切な家族信託の構築には、ファイナンシャルプランナーのアドバイスが必要です。相続に備えるなら、早めに専門家に相談してみましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。