行政書士・海事代理士安江聖也事務所

遺言書を作成する前に確認しておきたい遺留分相続の基礎知識

お問い合わせはこちら

神奈川県藤沢市羽鳥3丁目1-36羽鳥シェモア202号室
[営業時間] 月曜日~水曜日・金曜日:10:00 ~ 18:00 / 土曜日:10:00 ~ 16:00
[定休日] 木曜日・日曜日

遺言書を作成する前に確認しておきたい遺留分相続の基礎知識

遺言書を作成する前に確認しておきたい遺留分相続の基礎知識

2024/06/29

遺言書を作成する際に、遺留分相続に関する基礎知識を確認しておくことが重要です。遺留分相続とは、国民年金や生命保険などを除く財産について、法定相続人に一定の割合で分与することを言います。しかし、遺留分相続の割合は家族構成や遺産の状況によって異なるため、事前にしっかりと理解しておくことが必要です。本記事では、遺留分相続に関する基本的な知識と注意点を解説します。

目次

    遺留分相続とは?

    遺留分相続とは、亡くなった方が残した財産を親族に分配する際、一定の法定分割率に基づいて分けることを指します。一般的に、遺言書がない場合に適用されます。法定相続人には、配偶者、子供、父母が含まれます。遺留分相続においては、これらの法定相続人に一定の割合で財産が分配されます。配偶者がいない場合は、子供に3分の2、父母に3分の1の割合で分配されます。また、配偶者がいる場合でも、財産の種類によっては法定相続人以外にも相続人が存在することがあります。遺留分相続の場合でも、相続税がかかることがありますので、その点も注意が必要です。行政書士や税理士に相談することで、遺留分相続に関する手続きや注意点を詳しく知ることができます。

    誰が遺留分を受け取るのか?

    遺産分割において、遺留分は被相続人の遺産のうち、配偶者や親族による相続分に優先して取得する権利のことを指します。遺留分は民法で定められており、被相続人の配偶者には遺産の1/2、子どもがいる場合は1/4が与えられます。子ども・孫がいない場合は、親に割り当てられ、これら以外には遺留分は発生しません。ただし、介護や扶養などの負担があった場合、配偶者や親族に対して相応の寄与分を支払うこともあります。遺留分の受け取りには、相続人が認められることが必要であり、配偶者や近親者関係の証明書が必要です。また、遺留分に関する手続きは、行政書士に委託することもできます。行政書士は、遺族の方々の相談を受け、適切な手続きを行い、スムーズに遺留分を受け取ることができるようにサポートをしています。

    遺留分を算定する方法と基準

    遺留分とは、相続人の法定相続分が遺言によって減少した場合に、最低限受け取れる相続分のことです。つまり、相続人の中で代襲相続が発生した場合には、遺留分が存在することになります。 遺留分の算定方法は、子供の遺留分の場合遺産全体の1/4、配偶者の場合も全体の1/4です。親のみの場合は、遺産全体の1/3です。

    遺留分相続に関する注意点と手続き

    遺留分相続において注意すべき点は、まずは遺留分の概念を理解することです。遺留分とは、被相続人の遺産総額から相続人に対する相続分を差し引いた残りの財産のことです。遺留分は被相続人の親や配偶者、子や孫などの直系卑属に対して法律によって保護される財産です。 また、手続きにおいては、まずは相続人が誰なのかを確認し、遺産分割協議書を作成するか、遺産分割調停を起こすかを検討します。そして、遺留分を受け取る相続人に対しては、遺留分減殺請求権があることを知っておく必要があります。遺留分減殺請求権とは、遺留分を侵害された者が,贈与又は遺贈を受けた者に対し,遺留分侵害の限度で贈与又は遺贈された物件の返還を請求する権利のことで、遺言を覆す効力があります。 以上のように、遺留分相続に関する注意点を把握したうえで、必要な手続きを適切に行うことが大切です。行政書士に相談することで、円滑な相続手続きを進めることができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。