行政書士・海事代理士安江聖也事務所

投資信託で費用を抑える方法:インデックスファンドとアクティブファンドの違いとは?

お問い合わせはこちら

神奈川県藤沢市羽鳥3丁目1-36羽鳥シェモア202号室
[営業時間] 月曜日~水曜日・金曜日:10:00 ~ 18:00 / 土曜日:10:00 ~ 16:00
[定休日] 木曜日・日曜日

投資信託で費用を抑える方法:インデックスファンドとアクティブファンドの違いとは?

投資信託で費用を抑える方法:インデックスファンドとアクティブファンドの違いとは?

2024/07/03

新NISAの登場で、投資に興味を持つ方も増えていると思われます。投資信託は、その上で外すことのできない手段です。投資信託で適切にパフォーマンスを上げる方法は、インデックスファンドとアクティブファンドの違いを理解することです。これら2つの投資スタイルにはそれぞれメリットとデメリットがあります。選択を後悔しないためには、どちらがあなたの投資目的に合っているかを理解し、自分に最適な投資先を選ぶ必要があります。ここでは、インデックスファンドとアクティブファンドの主な違いについて説明します。

目次

    投資信託の費用を抑える方法とは?

    投資信託は、運用期間中にかかる費用が多く、長期的な視点で考えた場合、それらの費用は大きな影響を与えます。費用を抑える方法には以下のようなものがあります。まずは手数料です。手数料は、販売手数料や管理手数料、信託報酬などがありますが、これらを比較し、低い手数料の投資信託を利用することで、費用を抑えることができます。次に、積立投資信託を使う方法です。積立投資によって期間中の値上がり値下がりなどの影響も抑えることが出来ます。また、ファンドオブファンズという商品を利用すると、1つのファンドで、複数の投資信託に分散投資できるため、手数料を抑えることができます。これらの方法を利用し、長期的な視点で費用を抑え、効率的な投資を行うことができます。

    インデックスファンドとアクティブファンドとの違いとは?

    インデックスファンドとアクティブファンドは、投資ファンドの種類としてよく知られています。インデックスファンドは、特定の市場指数を追跡することにより、一定のリターンを追求します。これに対して、アクティブファンドは、投資マネージャーが市場の動向に応じて、株式や債券などの資産を選別し、運用することでリターンを最大化します。 また、インデックスファンドはコストが低く、パフォーマンスも市場平均に近いため、個人投資家からも注目されています。一方、アクティブファンドは、投資マネージャーの選定によって優位性が生まれることがあるため、長期的な運用に適しています。 どちらが優れているかは投資家の目的やリスク許容度などによって異なります。ただし、投資戦略においては、過去のパフォーマンスに過度に依存することなく、自身が目指す投資目標に沿った運用方法を選別することが重要です。

    インデックスファンドの特徴とは?

    インデックスファンドとは、株価指数や市場平均をトラックすることを目的とした投資信託のひとつです。そのため、ファンド運用会社は、選んだ株式の銘柄を独自に分析することなく、簡単に構成銘柄を指数に照らし合わせ、同じ割合で運用することができます。このため、運用管理費用比率が低く、投資スタイルが大きく分けて積極的株式型、アクティブでない保守的株式型、そして世界株式型の3方式があります。インデックスファンドは、運用に長期的な視点が求められるものの、安定的でリスク管理がしやすい面があり、中~長期的な投資に適しています。ただし、インデックスファンドにも取扱い業者によって、手数料・運用方法・提供する投資信託種類に差異があるため、投資前に取扱い会社の研究が必要となります。

    投資家にとって向いているのはどちら?

    投資家にとって向いているのは、自己の資産運用に関するプロフェッショナルであるふたつの選択肢があります。ひとつは、証券会社、信託銀行など、資産運用の専門家に相談することです。もうひとつは、自己の資金管理能力を向上させるため、ファイナンシャルプランナーを活用することです。 投資家がファイナンシャルプランナーを利用すべき理由は、様々あります。まず、プロのファイナンシャルプランナーは、投資家の現在の財政状況、将来の目標やリスク許容度を考慮して、最適な投資戦略を提案することができます。また、ファイナンシャルプランナーは、金融商品の選択に際して、リサーチを行い、適切な情報を提供することもできます。 さらに、投資家は、自己の金融能力を広げるためのアドバイスや財務計画の策定支援を求めることができます。こうしたサービスは、投資家にとって非常に役立つものであり、将来のリスクを軽減し、安心して資産を運用することが可能になります。 つまり、投資家がどのような方法で自己の資産運用を行うかは、個人のニーズや目標、財政状況に応じて異なると言えます。しかし、自己の資金を管理し、将来に対するリスクを軽減するために、ファイナンシャルプランナーのアドバイスやサポートを受けることは、賢明な選択と言えるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。