行政書士・海事代理士安江聖也事務所

老齢厚生年金と厚生年金制度の違いを理解してお金の不安を解消しよう

お問い合わせはこちら

神奈川県藤沢市羽鳥3丁目1-36羽鳥シェモア202号室
[営業時間] 月曜日~水曜日・金曜日:10:00 ~ 18:00 / 土曜日:10:00 ~ 16:00
[定休日] 木曜日・日曜日

老齢厚生年金と老齢基礎年金の違いを理解してお金の不安を解消しよう

老齢厚生年金と老齢基礎年金の違いを理解してお金の不安を解消しよう

2024/07/06

老齢厚生年金と老齢基礎年金は、日本で実施されている2つの年金制度です。しかし、多くの人々は両者の違いをよく理解していません。今回は、老齢厚生年金と老齢基礎年金の違いを解説し、お金の不安を解消する方法について考えていきたいと思います。

目次

    老齢基礎年金とは?

    老齢基礎年金とは、国民年金加入者のうち、60歳以上で未受給期間の保険料をすべて納めた者が受け取ることができる年金制度です。老齢基礎年金は、退職後も一定の収入がある場合でも、受け取ることができるため、退職後の生活資金の一部として利用されることが多くあります。また、老齢基礎年金の支払いは、一定の受給額が保障されるため、給付額の増減がないため、安定した収入になるメリットがあります。特に、夫婦の両方が老齢基礎年金を受け取れば、生活の安定につながることが期待できます。老齢基礎年金の申請には、社会保険の手続きが必要になりますので、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーに相談することで、手続きのサポートや年金制度の詳細などを確認することができます。

    老齢基礎年金と老齢厚生年金の違い

    老齢基礎年金と老齢厚生年金は、日本の社会保障制度の一部です。老齢厚生年金は、全国民が加入して普通に年金を受けることができる制度であり、社会保険料を支払うことで加入することができます。一方、老齢厚生年金は、厚生年金制度に加入し、年金受給開始年齢に達し、かつ所定の保険料を支払っていた人が受け取ることができる制度です。 老齢厚生年金は、加入期間や支払った保険料に応じて受け取る金額が変わってくるため、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーが、加入期間や保険料の支払い方法を調整したり、年金の見通しを立てたりすることが重要です。老齢厚生年金は、国民年金や共済年金などから受け取る年金とは異なり、厚生年金制度に加入しなければ受け取ることができないため、若いうちから加入し、保険料をしっかり支払っておくことが大切です。

    老齢厚生年金の支給条件と額

    老齢厚生年金の支給される額は、加入期間や保険料納付額によって異なります。基本的には、老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしていることと、1ヵ月以上厚生年金保険の被保険者期間があることを条件に、満65歳に達してから老齢厚生年金として支給されます。 支給額は、年金加算率というもので決定されます。年金加算率は、老齢厚生年金の支給開始年齢が65歳未満の場合は減額され、65歳を過ぎた場合は増額されます。 また、定年退職後に老齢厚生年金を受け取る場合は、受給期間に応じて年金加算率が変わってきます。老後の生活資金を確保するためにも、老齢厚生年金の条件や額は把握しておく必要があります。

    老齢厚生年金を受けるために必要な手続き

    老齢厚生年金は、60歳以上の方が受け取れる年金の一種です。受給資格を満たす場合、手続きを行うことで月々の年金を受け取ることができます。手続きは、受給開始予定月の2か月前から始めることができます。手続きには、年金請求書や必要書類の提出、口座情報の登録などがあります。また、老齢厚生年金には、配偶者特別加算や年金額減額制度などもありますので、受給に際しては事前に確認することが重要です。社会保険労務士やファイナンシャルプランナーに相談することで、老齢厚生年金を受けるために必要な手続きや注意点を詳しく説明してもらうことができます。また、老後の生活設計や収支管理についてもアドバイスを受けることで、より安心した老後を過ごすことができます。

    老後のためのお金の不安を解消するために

    老後に向けたお金の不安を感じる方は多く、そのためにファイナンシャルプランナーが必要とされています。私たちが行うのは、老後のライフプランを一緒に考え、資産形成や運用方法などを提案することです。老後には医療費や介護費などの負担が大きくなることが予測されます。そのため、今から積極的な資産形成や運用を行うことが重要です。また、老後に備えて、長期的なライフプランを立てておくことも大切です。私たちは、お客様のライフスタイルに合わせた運用方法や保険の選定などをアドバイスし、不安解消につながるようサポートしています。老後を迎えるためには、今からスタートすることが大切です。私たちファイナンシャルプランナーがお手伝いしますので、お気軽にご相談ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。